SK-i代表中村のブログ

港街佐世保の音楽事情その3「佐世保JAZZの神様に捧ぐ」

Written on 2016年7月20日   By   in メールマガジン

港街させぼの音楽事情をテーマにして
このメルマガを書いていた最中に
とても悲しいお別れがありました。

 

佐世保の音楽シーンを引っ張ってくれた
「ジャズスポットいーぜる」のマスター
そしてサンセット99ライブ佐世保 の創始者
山下ひかるさんが天国に旅立たれました。

 

ひかるさんは、そのおおらかで明るい人柄で、
JAZZファンやミュージシャンの拠り所だっただけでなく、
ジャンルを超えて佐世保の音楽ファンのリーダーでした。

 

今から約30年前の1987年、
佐世保市にUターンしてきたばかりの20代の私は、
佐世保初のガイドブックを創ろう!と、
佐世保の自慢できるお店を訪ねて回っていました。

 

当時は佐世保を紹介するガイドブックが無く、
長崎県のガイドブックの中に、
佐世保市の紹介が5~6ページ程度あるだけでした。

 

そんなのは悔しい!と

 

「佐世保初の
佐世保だけの情報満載のガイドブックを、
メイドイン佐世保で創る」

 

「佐世保ならではの美味しい店や
美しく楽しい場所にこだわり
地元だからこそ知っている情報を載せた
ガイドブックを創る」

 

というコンセプトで、頑張っていたのです。

 

そして、数多くの方々に応援していただき、
佐世保で初めてのガイドブック
「佐世保ならでわブック」第1号が完成しました。

 

ひかるさんと出会ったのは、それから1年ほど経った1988年。
この「佐世保ならでわブック」の第2号にいーぜるを掲載するため
取材と広告のお願いに訪問したときのことでした。

 

一通り話を聞いてくださったあと、
「ふだんは広告という形でお金を払うことはしていないんだよ」
「でも、地元作の佐世保のガイドブックの為だ、応援しよう!」
と言って、笑顔で協力してくださったのです。

 

佐世保ならでわブック第2号では、
ハイカラ港街のスポットガイドとして
ジャズバーや、ライブハウス、そして
お洒落なバーを特集し、「ジャズスポットいーぜる」の
壁面一杯のジャズレコードの写真を掲載しています。

 

当時、ひかるさんは、
「佐世保ジャズファンクラブ」を結成しコンサートを開催、
そして、佐世保のアマチュアミュージシャンの団体「SMA」の代表も
務めておられました。

 

そんなこともあってか、
取材のあと、親しくしていただき、
当時まだ所属バンドのなかったギター弾きの私と、
ボーカルの妹のために、自分達のバンドができるまで、
なんと!ひかるさん自らドラムを叩いてくださったという
光栄な思い出もあるのです。

 

そして今、このひかるさんの佐世保愛、ジャズ愛の詰まったお店
「ジャズスポットいーぜる」は、
ひかるさんから2代目マスターとして引き継いだ
百合永貴さんによって、
これまでと変わらぬ佐世保愛とジャズ愛をもった
お店として運営を続けています。

 

是非、いーぜるに寄ってみてください。
そしてジャズとウイスキーと港街の雰囲気に
浸って、大人の夜を味わって下さい。

 

佐世保観光コンベンション協会HP内の
「SASEBO夜遊び」の中にある
動画「佐世保は夜が面白い!」に、
在りし日の山下ひかるさんのドラム演奏が収録されています!
http://www.sasebo99.com/gourmet/yoasobi/
(このページは音が出ます。ご注意ください)
発行:公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会
WEBページ&動画Made by:SK-I Corporation

 

佐世保の音楽の神様からの
豊かな恵みが皆様に届きますように・・。