SK-i代表中村のブログ

世代を超えて伝わる「レジェンド」

Written on 2016年8月24日   By   in メールマガジン

リオオリンピックの興奮が冷めやらず、
まだ睡眠不足の後遺症があるという方も
少なくないのではないでしょうか?

 

愛ちゃんの涙の銅メダル、
陸上男子400mリレー笑顔の銀!
奇跡的逆転でのバドミントンタカマツペアの金!!等々
数々のドラマに酔いしれました!

 

オリンピックでの各選手の活躍の情報は、

 

1:「テレビラジオの生中継」で、深夜~早朝 生で観る!
2:「スマホ」やPCのWEBサイトで、観る!
3:夜の「TVニュース」で、家族団らんで楽しむ!
4:翌朝の「新聞」で、感動に再度浸る!
5:そして最後に「本」で、レジェンドの偉大な業績に感動を新たにする!

 

というようなプロセスで
地球の裏側で起こっているドラマを
様々なメディアが様々な方法で私達に伝え
楽しませてくれます。

 

そして、様々な
「レジェンド」が生まれていきます。

 

「レジェンド」を辞書で引いてみると
「伝説、言い伝え、伝説的人物」とあります。

 

このたくさんの感動的な事柄や人のなかで
どれくらいの物語が
最終的な「本」という形で次世代まで語り継がれていくのでしょうか?

 

国や世界レベルのレジェンドになると、
教科書という形で、「本」になり
語り継がれていきますよね。
そんなレジェンドはごく限られた人達でしょう。

 

しかし、レジェンドは、
オリンピック選手や、国の歴史に残るような人だけではありません。

 

それぞれの地元、
それぞれの家系にもいらっしゃいます。
もしかしたら、あなたがレジェンドになるのかもしれません。

 

もっと身近に
地元の歴史を調べ上げ、研究する。

 

さらに
我が家の歴史を紐解いて、記録に残す。

 

そして、
自分自身の歴史を、写真と文章で構成し、
「本」にして残す。

 

もし、孫がいる方が、
自分が生まれる前の祖父祖母の時代まで遡って調べると
約5世代、百年以上にわたる
その家から見た歴史を残すことができます。

 

そこには、その家、その土地、その街、その地域に
少なからずの影響を与えた
「レジェンド」が見つかることでしょう。

 

わたしたちの出版部門「芸文堂」は、
弊社創業者の飯田四郎が、1971年に設立。

 

地方文化に奉仕するとの思いを込めて
これまでの45年間で約800件の出版を
積み重ねてまいりました。

 

出版に携わること。
それは、この地方の
歴史や文化を「本」にして残し、
それぞれの分野での
レジェンドを語り継ぐことだと思っています。

 

私たち芸文堂にとって、「本」とは「文化」そのものであり、
また「一つの時代の記録」です。

 

また、出版される著者の方や、発行人の方にとっては、
まさに一生の中でも本当に特別な一大事業なのです。

 

そのことが、
今までたくさんの方々の出版を
サポートさせていただいた経験を通して
私たちの心に沁みついています。

 

私たちの目指すものは、ずっと変わりません。
一冊一冊に心をこめて
編集・装丁し『良い本』を出版すること。

 

それは、著者の皆様と
深いところで、本当に分かり合い、
ひとつの編集チームとなって、
良いコンテンツを生み出していくことでこそ
達成できるものです。

 

私たちは、これからも、出版・印刷を通じて、
地方文化のお役に立っていきたいと
決意を新たにしております。

なにもしなければ、
消え去り、忘れ去られるかもしれない「身近な伝説」・・・
それってもったいないと思いませんか?

残しましょう!レジェンドを!