SK-i代表中村のブログ

お客様にも、異性にも、モテる秘訣の話~させぼdeまちコン2016~

Written on 2016年8月3日   By   in メールマガジン

お客さまとの商談をうまく進めたいとき。

 

異性と仲良くなりたいとき。

 

「いきなり」要件に入っても
うまくいく…はずがありませんね!

 

そんな時は、まず雑談から導入部分をつくって、
相手とのコミュニケーションがほぐれて、
良い雰囲気になってから、
本題に入っているはずです。

 

それが上手い人のことを
「ラポール」作りの名人といいます。

 

ラポールとは、コミュニケーション可能な状態、
相互に反応しあっている状態、
そして、親近感を感じる状態の事。

 

どうすれば、ラポールが生まれるかというと
相手と「何かを共有」することが一番の近道。

 

“共通の”
・趣味
・好きなスポーツ
・好きなミュージシャン
・同じ学校などの話題。
・好きな食べ物

 

そんな話で、相槌をうちながら
「そうですよね」
「そうなんです、そこが大好きなんです」

 

とYESの言葉を掛け合っているうちに
ラポールが生まれるのです。

 

私達は、毎日知らず知らずのうちに、
毎日このラポールを創ることから
様々な相手や、お客様との
コミュニケーションをスタートしていますよね!

 

初対面の場合ならなおさら「ラポール」が大切です。

 

さて、なぜこのラポールの話を始めたか、というと・・・、

 

今年
「させぼdeまちコン2016」初企画 として、
「趣味コン」
を開催することになりました!

 

会場ごとに「共通の趣味」の方々を集めて、
あっという間に「ラポール」を築いてもらって、
仲の良いカップルが生まれやすい雰囲気を
創り出そう!
という企画です。

 

今年の「させぼdeまちコン2016」は、
9月25日(日曜日)開催。
事前予約制で、お得な早割は8月14日まで、
最終申込み締切は9月4日です。

 

詳しくはWEBで
http://sasebo-de-machicon.com/

 

ところで、ラポールは、
共通の話題がないとできない
というわけではありません。

 

根本は、
「相手のことに心から関心を持ち、誠実に話を聴く」こと。
そして、それが態度として伝わることが大切です。

 

態度として伝えるには、
ある程度の知識やスキルがあったほうが
伝わりやすくなります。

 

ラポールの手法の一例
◆マッチングとミラーリング
「相手の身体の使い方を真似る事」
・姿勢・表情・動き・声の高さ・呼吸の速さ深さなどを
相手に同じようにしてみます。
不思議と同じような気持ちになりやすくなります。

 

◆目的の共有化
どんな人も、
心の奥では「自らの幸せと成功」を望んでいます。
ですから、こちらは「相手の幸せと成功」
を望むような真心と態度を示すことが大切です。

 

さあ!「ラポール創りの研修」と思って
させぼdeまちコンに参加してみませんか?

 

対象者は20歳から45歳までの男女
男女ペアでお申込みいただきます。
ペアのうち1人が独身であれば、付添の方は既婚者でも参加可能です。
(名札で識別できるようになっています)

 

今年第5回目を迎える「させぼdeまちコン」では、
今回も実行委員長を拝命し、
佐世保市と民間の市民協働でつくる実行委員会で
一生懸命準備をすすめています。

 

目的は、未婚率の改善と、少子化対策も根幹にありますが、
男女の出会いだけでなく、
普段は出会うことのない新たな出会いを通じて
地域の活性化にも役立ちたいとの想いです。
また、同性でも新たな友人ができたという声もききます。

 

皆様の知人に対象者の方がおられたら
是非ともご紹介をよろしくお願いいたします。

 

させぼdeまちコン公式ホームページ
http://sasebo-de-machicon.com/