SK-i代表中村のブログ

月別: 2016年4月

「電子ブック」の100%活用法!

数年前
マザーズ上場企業の
敏腕セールスマンA氏がくりだした
「痛みをつく質問」に
なるほど、と思って導入した
「電子ブック制作」の仕組み。

そのかいあって
「月刊ならでわ!」の紙面を
WEB上に掲載する作業時間は
大幅に短縮されました。

月刊ならでわ!の電子ブックはコチラ
http://www.naradewa.com/
中段の月刊ならでわ!の冊子の画像の下の
「今すぐ見る」をクリックしてください。

「月刊ならでわ!を
入手出来なかった方、また遠方の方も
まるで紙面を目の前に広げたように
読むことが出来ます。

「月刊ならでわ!」のように
ホームページに電子ブックを併用するときの
「メリット」は

1:既に存在する「紙媒体のデータ」を
短時間&低コストで
ホームページ上に公開できる。

2:読者は、パソコンやタブレット・スマホ上で、
まるで、書籍を読むように、画面上で閲覧できる。

3:読者が、どのコンテンツに興味があって、
どの部分を拡大して見ているか
*「ヒートマップ」で視覚化することができる。

例えば、4月号の表紙の中で、
どの料理が読者に一番興味を持たれたのか
…がわかるわけです。
(*ヒートマップとは、サイト上でのアクションの大小をサーモグラフィーで表す機能)

4:「電子ブック」上の写真やテキストに、
直接「リンク」をはって、ダイレクトに、
ネット上でのお買いものにつなげる事ができる。

「デメリット」がないわけではありません。

1:電子ブックの中にある文字情報(テキスト)は、
グーグルやヤフー等の検索エンジンに認識されにくい。
*特別に文字情報を埋め込めばその限りではありません。

情報を検索しているお客様に
自社のホームページを見てもらうためには、
ここは検討が必要な部分です。

次に、販売系のカタログの場合を「例」として、
【電子ブック(カタログ)媒体】と【紙媒体】の
それぞれの強みを考えてみます。

■電子ブック(カタログ)

【利点】
・大量の情報も、ネット上にアップしたり、
タブレットに保存すれば、
重い紙の本と違ってコンパクトに持ち運べる。

・「動画埋込」や「詳しい説明HPへのリンク」が可能なため、
より強くお客様への訴求ができる。

・お客様の動向
(どの商品に興味があるか、購入ページへの移動など)が、
データとしてわかる。
次のパンフレット改訂やホームページ強化の参考にできる!

・手元のパソコンやスマホにダウンロードしておけば、
インターネット接続が無い環境でも見ることが出来る。

【欠点】
・ホームページの中にあるリンクを
クリックして初めて閲覧可能となる等、
「電子ブック(カタログ)」を
お客様に見ていただくまでにはワンクッションがある。

・閲覧するためには、スマートフォン、
パソコン、タブレットなどのハードウェアが必要。

■紙媒体

【利点】
・手軽にいつでもどこでも、
道具が無くても『商品を見る』ことができる。

・新しいお客様に偶然に
目にふれていただく機会を得やすい。

・一覧性があり、商品の比較なども楽にできる。

【欠点】
・電子媒体と違い、
お客様の興味がわかる閲覧行動データを
取ることはできない。
したがって反省点や良かった所等を
次の制作物の改訂に活かすことができにくい。

電子ブックならではの
欠点や強みを良くつかんで
この便利な機能を100%使いこなしましょう!

※いつでもお気軽にご相談くださいませ。

2016年4月27日     0 Comments

「痛みの質問」という切り札

数年前のある日
私は社内の応接室で
マザーズ上場企業の
敏腕セールスマンA氏と商談をしていました。

検討していたのは、
「電子ブック制作ソフト」の導入。

弊社では、
毎月発行しているフリーペーパー「月刊ならでわ!」の内容を
インターネットのホームページ上にもアップしています。

当時、電子ブックの形態ではありませんでしたが、
特に問題は感じていませんでした。

A氏は、
「自社の情報発信に利用するだけではなく
顧客からの電子ブックの受注も出来るようになる!」
とすすめ、熱心に提案されます。

しかし、私は、
「電子ブックはまだ時期尚早ではないのか。
お客さまにオススメしても売れないのでは?」
と、導入する気は、あまりありませんでした。

すると、A氏は、
「いま、フリーペーパーの内容をホームページにアップするのに
スタッフさんは、何時間くらいかかっていますか?」
と尋ねます。

編集部の担当スタッフに確認すると、
「毎月の更新作業に3日ほどかかっている」との答え。

すかさずA氏は、
「それを時給に換算すると、何万円くらいになりますか?」
と質問します。

私、
「☆万円位にはなりますね」

A氏
「☆万円を毎月かけていたのでは、1年間で☆☆万円になりますよ」
「これは痛いですよね?」


「なるほど。たしかにこれは痛い!!」

A氏
「この『電子ブック制作』の仕組みを導入していただければ、
コストは、こんなにも軽くなります!」

「リース月額☆万円をかけても軽く元は取れる計算です。
この痛みは解消すべきですね!!」

A氏は「痛み」に関する質問と、
その痛みを避けることができる「快楽」に関する質問
という切り札を使って商談を進めてきました。

「痛みを避けて・快楽を得る」ことは、
人間の本能的な共通の動機です。
相手の行動を変えようとする時には、
これらの質問が大変有効になるわけです。

もちろん、お客様にとって役に立たないものを
無理に売りつけるわけではなく
あくまで買ってもらう商品や
サービスの魅力を実感してもらうためのテクニックです。

最初に「痛み」を意識してもらうことが重要です。
今ある問題点や危機を認識できていないと、
新しい商品やサービスの必要性をわかってもらえません。

「健康になる為に毎日ウォーキングをしましょう」
と言われた場合と、

「毎日ウォーキングなどの適度な運動をしていますか?
何もしていない人は成人病にかかる危険性が○%も高くなります」
と言われた場合を比較してみてください。

後者の方が、より行動に結びつきやすくなりますよね。

「痛み」を認識して危機感や問題点を実感したあとに、
それを解決してくれる(快楽を得られる)
商品やサービスを提示されると
それが欲しくなるものです。

数年前のこのようないきさつで、
当社に「電子ブック」制作の仕組みが
導入されたのでした。

この時導入した電子ブック制作のしくみは
書籍だけでなく、冊子形式のフリーペーパーや
電子カタログの作製などに大活躍。

さらに最近はバージョンアップして
いろいろと進化しています。

電子ブックや電子カタログについては
様々な利点と同時に、
欠点も存在します・・・。

次回のメルマガで
「電子ブックの利点と欠点」について
詳しくお伝えしますね。

2016年4月20日     0 Comments

中村徳裕の一年後!健康づくりダイエットは成功したのか?

先週のある早朝、
散り始めたとはいえまたまだ美しい桜が咲き誇る
ニミッツパーク横の佐世保公園に
約30分間のジョギングに出かけました。

樹の下は桜の花びらの絨毯!
走っていると、ふわっと桜の香りがしてきます。

前から走ってきた老紳士とすれ違ったときには
爽やかなコロンがほのかに香りました。

そばを流れる佐世保川の方からは、ほんのり潮の香り。

走っている地面からは
濡れた石が渇く時のような、土の匂いがしてきます。

こんな朝を過ごしていると、
日頃のストレスは飛んでいく気分です。

佐世保公園周辺は、
朝の運動にオススメのスポットです。
自宅から車で移動してジョギングしています。

佐世保公園駐車場(市民プール横)に車を停めれば1時間まで無料!
(入口は、SSKバイパスから佐世保駅方面に向かってくる道に面しています)
キレイなトイレや、水の自販機も完備していますので、
快適にジョギングを楽しめますよ。

という訳で、
昨年2015年4月からスタートした
中村徳裕のダイエットは
なんとか一年継続中。

スタート時から5キログラムマイナスの状態を維持しています!

あらためて、
成功の秘訣(おおげさですが)を
3つのポイントでご紹介します。

(※ここからは、昨年の6月3日のメルマガからの抜粋一部修正版です)
http://plus.combz.jp/backnumber/detail?oid=uysr9546&gid=&mid=85

1:低炭水化物ダイエット!!
◎朝食は、「フレッシュ野菜&果物ジュース」を作って飲み
加えて果物を食べています。

◎昼食と、夕食の際には、
最初に「サラダを大量」に食べ、「オカズは普通」に食べて、
「炭水化物(ごはん、麺類、パンなど)を極力少なく」食べる。
という食生活を続けています。

体感的には、特別に食べることを我慢しているような感じは
一切ありません。

また、お酒は楽しいイベントの時だけの楽しみにして
日常は飲まないようにしました。

2:適切な心拍数内での、
楽々ペースのジョギングを週3回

ランニングやジョギングはキツイものと思っていましたが、
適切な心拍数の範囲内で運動を行うと
全然キツクない!!

そんなペースを教えてくれるのが、
ハートレイトモニター【心拍数計測表示】機能がついて
時計です。

私の場合は108~140の間の心拍数が適正範囲。
(年齢などによって異なりますが、
適正範囲は、時計の説明書に書いてあります)

その範囲内でジョギングなどの有酸素運動すると
いつまでも走っていられるほど、疲れない!
ということにビックリしました。

早歩きと大して変わらないほどの
ゆっくりペースです。

ちなみに使っているハートレイトモニターはこの商品です。
http://shopping.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=polar+ft4&tab_ex=commerce&view=list&n=50&uIv=on&cid=0&X=5&di=0&sc_e=slga_x
私はFT-4という機種を愛用していますが、
もうすでに旧型になって
公式サイトからはカタログ落ちしているようです。
(これでも十分使えると思います)

POLAR公式サイト
http://www.polar.com/ja/products#sport

3:このダイエット方法の「タネとシカケ」を学んだのは、
この書籍です!

ジェームス・スキナー「成功の9ステップ」

この中のステップ3
「無限健康を手に入れる(健康)」に詳しく
書いてあります。

■ジェームス・スキナー関連書籍
goo.gl/2uQMU
(この部分をコピペで検索窓口に張り付けると出てきます)
私が見た時には中古本が200円から出ていました!
新品でも762円+税(823円)です。

まだ取り組んで約1年の私がいうのもなんですが(笑)
あなたの健康で豊かな人生を心から願っています。

2016年4月13日     0 Comments

ご長寿で活躍し続ける鉄人の秘訣

「なぐちゃ~ん!」と黄色い声援が飛び交う中、
40代にも見間違えるほどの60歳、
医学博士 南雲良則さんがアルカスSASEBOのステージに登場。

昨年11月のさせぼ夢大学の講演会では、
心と体の錆びない生き方~Dr.ナグモの若返り健康術~
と題して、知らないと人生が短くなってしまうような・・・
逆に、これを知り実践することで
人生が長くなるようなお話を伺いました。

そして、最近ある研修会で出会ったのが77歳のBさん。
会社代表として、
今も、週に3回、県内の大手造船所で、
主にベトナムからの外国研修生たちの指導にあたっておられます。

ハッキリ言って、雰囲気は60歳代!

その若さの秘訣は?と伺いました。

「健康で長寿」を目標とし、(長寿 だけでないところが重要)
奥様とその目標に向かって競争されていることが
秘訣だそうです。
(おふたりとも元気で百歳!が最終目標だそうです)

健康に関する努力もさることながら、
私が感心したのは仕事の取り組み方。

もともと勤めていた長崎市最大の造船所を定年退職後、
別の大手造船所と嘱託契約社員として働く誘いがあったそうです。
しかし、嘱託ではあっても社員という立場であれば
65歳や70歳で定年となり、嘱託契約終了となってしまう。

そこで、Bさんは、
「独立した会社の代表」として、
自分が得意な分野の「技術指導」「教育研修」を
「業務として受注」し、
「外注先」として働くことにしたのです。

自分自身が元気で
「技術指導」「教育研修」でしっかり貢献していけば、
外注先として必要とされ続けるはず。
それならば、いつ辞めるかは、自分で決められる。

この考え方には「なるほど!」と納得です。
自分の意志で働き方を決められる
応用の効く考え方ですね!!

しかも、Bさんは77歳にして、さらなる向学心を持ち、
外部団体のリーダーシップ研修会に参加されたのです。

しかも、研修で学んだことを復習したいと、
私に連絡があり、
先週二人でミニ復習会を行いました。

ベトナムの人たちにも、
リーダーシップを学ぶ機会を用意し、
帰国後も見据えて彼らに「貢献」したい
との事でした。

人生の先輩でもありながら、
友人ともなった素晴らしいBさんとの出会いには
大感謝です。

ところで、2016年2月、
長崎県無形文化財 元十三代横石臥牛 松翁先生が
90歳の生涯を閉じられました。

松翁先生は、後進の指導にあたりながら、
88歳まで轆轤(ろくろ)を回し、
卓越した技術で作品を創作し続けていました。

道を究めて続けて70数年。
それを今度は、長男である14代に、伝承してこられました。

「ある道を究めて」、
「その技術を後輩に伝えていく」ということは、
長寿で現役を続けていく一つの秘訣であることは
間違いなさそうです。

仕事でも、趣味でも
後輩に伝えていく価値のある「技術」を磨く
「テーマ」をもちたいものです。

私たち自身が「長寿で活躍し続ける鉄人」になるために!

長寿で元気になるための参考図書
大還暦 南雲吉則著
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E9%82%84%E6%9A%A6%EF%BD%9E60%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9C%AC%E6%B0%97%E3%81%A7%E8%8B%A5%E8%BF%94%E3%82%8B100%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95-%E5%8D%97%E9%9B%B2%E5%90%89%E5%89%87/dp/4479783296

2016年4月6日     0 Comments